エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?

エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?

梅雨時、じめじめしてるけど、エアコンつけるほど気温が高くない、そんな日に除湿(ドライ)をつけることってよくありますね。

でも実際、冷房に比べて電気代ってどうなんでしょう?

除湿(ドライ)の方が安いのかなって思ってたんですが実際のところを調べてみました。

まず、冷房と除湿の違いについて確認しておきましょう。

冷房とは室温を下げること、除湿とは、室温をなるべく下げずに湿度を下げることになります。

エアコンの除湿は空気中の水分を集めて、室外へ放出することで湿度を下げています。

(湿度は室温に左右されます。室温が高ければ空気中に蓄えられる水分が多くなり湿度も上がります。一方室温が低ければ空気中に蓄えられる水分が少なくなり湿度も下がります)

このような除湿の仕組みは2種類

温度を下げて水分を取り除いた空気の温度を適温に上げてから室内へ戻す方法。

実際、湿度が15%下がると、体感温度が1度下がると言われており、湿度が下がれば自然に寒く感じるわけです。

湿度だけ下げていく弱冷房除湿は寒くなり、最熱除湿はカラッとするけれど快適な温度も保たれます。

気温が高くてじめじめしている日は弱冷房除湿でも快適ですが、気温が低いのにじめじめしている日の場合、最熱除湿の方が健康にはよいでしょう。

どちらの除湿方法がとられるかはエアコンの機種によって異なります。

まずはお使いのエアコンがどちらなのか、取扱い説明書やメーカーのホームページで確認してみましょう。

さて、肝心の電気代ですが、冷房と比較すると安い順に弱冷房除湿、冷房、再熱除湿、となります。

自分のエアコンの除湿タイプが弱冷房ならできるだけ除湿を使うのが節約になりますし、再熱除湿なら基本的には冷房を使う方が節約になるということです。

(ただし、最新式のエアコンでは両方の除湿ができるタイプもあるようですが)

健康を害さない程度に使い分けで電気代を節約したいものです。