エアコンつけっぱなしの方が節電になるケースがある?

エアコンつけっぱなしの方が節電になるケースがある?

 

エアコン無しでは生活できないほど暑い真夏、電気代に頭を痛めるご家庭も多いはず。

とはいえ、つけないわけにもいきませんので、なんとか少しでもエアコンにかかる電気料金を節約したいもの。まず思い浮かぶのは不在の時間は電源を切る、ということ。

誰もいない部屋でエアコンを使うのはもったいないですからね。

と、誰でも考えると思いますし、正解のケースもあるのですが、実はエアコンは場合によってはいちいち消さずにつけっぱなしにしておいた方が節電になるんです。

その理由は、そもそもエアコンは起動時、つまりスイッチが入って運転が始まった時が一番電気を消費するのです。

機種によって異なりますが、起動時には大体500W~1000W前後の電気を消費しますが、室温が設定温度に落ち着く30分くらい経過すると100W程度の消費電力に落ち着くと言われています。

となると、少々の外出、家事で部屋を離れるなどのタイミングで何度もつけたり、消したりを繰り返すと電力をかなり食う、ということになりかねません。

むしろ30分程度のことであればそのままつけっぱなしにしておいた方が電気代はお得になるんですね。

更に、その時には設定温度を1℃くらい上げておくと更に消費電力が低く抑えられてお得です。

外から帰ってきた際には、たとえ1℃上がっていても、温度差で涼しく感じるもの。

そして、風量モードは、自動にしておくのと、弱や微弱などに設定するのと、どちらがお得かといえば、ズバリ自動。

弱や微弱では設定温度迄上げたり下げたりするのによけい時間がかかるから。

自動なら適切な風量で最短時間で設定温度にしてくれて、後は維持するのに弱い風で調節してくれるから。

また機種によってはドライの方が冷房より電気代がかかりません。

除湿(ドライ)には弱冷房除湿タイプと再熱除湿があり、前者なら冷房より電気代はお得。

後者の場合、冷房より電気代がかかりますのでご注意を。(とはいえ、真夏の暑い時に弱冷房除湿では室温は下げてくれませんので、現実的じゃありませんが・・・)

エアコンに関してはつけたり消したりするタイミングをよく考えて利用することが、
節電につながりますから、気をつけてくださいね。