エアコンの運転効率を高め節電するための7つのチェックポイント!

エアコンの運転効率を高め、節電するための7つのチェックポイントは?エアコンは家電製品の中でも電気使用量が大きい為、つける、つけない、設定温度等、電気料金を気にしながら使う人が多いもの。

エアコンの運転効率を高め節電するための7つのチェックポイント!

エアコンの運転効率を高め、節電するための7つのチェックポイント

エアコンの運転効率を高め、節電するための7つのチェックポイントは?

エアコンは家電製品の中でも電気使用量が大きい為、つける、つけない、設定温度等、電気料金を気にしながら使う人が多いもの。

正しい工夫で、エアコンの効きが悪い状態を改善し、電気代を節約するために知っておきたいことがあります。

エアコンの運転効率を高めて、効果的に使うためのチェックポイントを参考にして下さい。

チェックマーク 風量は自動運転設定にする

強風の方が電気代が高そうだから、常に微弱風に設定している人がいますが、強いから高い、弱いから安いというわけではありません。

設定温度に近づける迄運転する際、風が弱ければそれだけ長時間運転を続けかえって不経済になることも。

自動室温検知器が快適な温度設定を維持するために必要最小限の運転を繰り返します。

チェックマーク 除湿(ドライ)使用には注意する。自分のエアコンの除湿タイプによっては、冷房より電気使用量が大きいこともあります。

冷房より除湿が安いからと蒸し暑いのに除湿運転していると、かえって電気代が高くついていることも。除湿タイプを確認して、状況に応じて冷房と使い分けましょう。

チェックマーク 風向き設定&サーキュレーター活用

暖気は上に、冷気は下に向かいます。効率的に室温を快適に保つ為には、暖房時には風向きを下に、冷房時には風向きを上に設定しましょう。

またサーキュレーターも併用すると効率アップがはかれます。

チェックマーク 日光と外気を遮断。

直射日光は冷房効率を下げ、隙間風は冷気は暖房効率を下げます。

カーテン、ブラインドを上手に利用して、エアコンが作る快適な室温を無駄にしないようにしましょう。

チェックマーク 短時間にオンとオフを繰り返すと損。

運転時間が長いと電気代がかさむので、30分部屋にいなくなるからオフ、というようにスイッチをまめに切る人がいますが、これは逆効果。

エアコンはスタート時に電気代をかなり使いますので、かえって使用量があがり、電気代がかかります。少しの間ならつけっぱなしがお得です。

チェックマーク 室外機を日陰に

室外機に直射日光が当たって熱くなると運転効率が下がり、電気使用量が上がります。

周囲の風通しは確保しつつ、日よけを作ったり、上に板を置く等、室外機が熱くなりすぎないように気をつけましょう。

チェックマーク エアコンの買い替えのタイミング。故障する迄買い換えないという人も多いエアコンですが、最新のエアコンは10年前の同等クラス機種に比べて消費電力が半分になっているものもあるようです。

もちろん、メーカー、機種、使い方によっても違いがありますが、電気料金で比較すると年間2万円以上というケースもあり、調子が悪いのを無理して使う、修理代をかけるなら思い切って買い換えるのがお得な場合もありそうです。

引越しの際に買い換える方も多いようですが、もしエアコンを転居先に持っていこうとお考えなら、エアコン引越しのコツや費用、注意点等をチェックしておきましょう。

電気代を節約しながらエアコンを使うなら、これくらいの省エネ知識は最低限必要です。

夏の冷房、冬の暖房、どちらもエアコン負担を減らしつつ、電気使用量を抑え、省エネで節電を目指したいもの。

上手に使って賢く快適にエアコンを使いましょう。

エアコンつけっぱなしの方が節電になるケースがある?

エアコンつけっぱなしの方が節電になるケースがある?

エアコンつけっぱなしの方が節電になるケースがある?

 

エアコン無しでは生活できないほど暑い真夏、電気代に頭を痛めるご家庭も多いはず。

とはいえ、つけないわけにもいきませんので、なんとか少しでもエアコンにかかる電気料金を節約したいもの。まず思い浮かぶのは不在の時間は電源を切る、ということ。

誰もいない部屋でエアコンを使うのはもったいないですからね。

と、誰でも考えると思いますし、正解のケースもあるのですが、実はエアコンは場合によってはいちいち消さずにつけっぱなしにしておいた方が節電になるんです。

その理由は、そもそもエアコンは起動時、つまりスイッチが入って運転が始まった時が一番電気を消費するのです。

機種によって異なりますが、起動時には大体500W~1000W前後の電気を消費しますが、室温が設定温度に落ち着く30分くらい経過すると100W程度の消費電力に落ち着くと言われています。

となると、少々の外出、家事で部屋を離れるなどのタイミングで何度もつけたり、消したりを繰り返すと電力をかなり食う、ということになりかねません。

むしろ30分程度のことであればそのままつけっぱなしにしておいた方が電気代はお得になるんですね。

更に、その時には設定温度を1℃くらい上げておくと更に消費電力が低く抑えられてお得です。

外から帰ってきた際には、たとえ1℃上がっていても、温度差で涼しく感じるもの。

そして、風量モードは、自動にしておくのと、弱や微弱などに設定するのと、どちらがお得かといえば、ズバリ自動。

弱や微弱では設定温度迄上げたり下げたりするのによけい時間がかかるから。

自動なら適切な風量で最短時間で設定温度にしてくれて、後は維持するのに弱い風で調節してくれるから。

また機種によってはドライの方が冷房より電気代がかかりません。

除湿(ドライ)には弱冷房除湿タイプと再熱除湿があり、前者なら冷房より電気代はお得。

後者の場合、冷房より電気代がかかりますのでご注意を。(とはいえ、真夏の暑い時に弱冷房除湿では室温は下げてくれませんので、現実的じゃありませんが・・・)

エアコンに関してはつけたり消したりするタイミングをよく考えて利用することが、
節電につながりますから、気をつけてくださいね。

 

エアコンの効きが悪い原因は室外機かも?

エアコンの効きが悪い原因は室外機かも?

エアコンの効きが悪い原因は室外機かも?

エアコンの効きを少しでもよくするために、室内での工夫については色々されてる方も多いようですが、室外機はどうなってますか?実は室外機もエアコンの効き影響を与えるんです。

エアコンの室外機には2種類のモーター(コンプレッサーとファン)が内臓されており、この部分の環境がよければ効率よくお部屋を冷すことができます。

逆に環境がよくないと、余計な負荷がかかって、電気を消費することになるわけです。

つまり、エアコンの効きが悪い状態ということですね。

エアコンの効きが悪い状態にしないためにも、室外機や周辺環境は一度きちんと確認することをオススメします。

具体的なチェックポイントをいくつかご紹介しますね。

矢印 直射日光や照り返しを避ける

室外機に直射日光が当たっていませんか?

もし当たっていれば内部はかなりの高温になっている可能性があります。

室外機は室内の熱を室外へ処分する時に最も電力を消費します。

もしモーターが高温になっていれば、その分室内熱の処分能力が低下し、更に電力を使う羽目になります。

出来る限り室外機は日陰にし、内部温度の上昇を防ぐことが、エアコンの効きを良くするのです。

とはいえ直接至近距離に日よけを取り付ければ、空気がこもり、かえって高温になりかねません。

1メートルくらい離れた場所に観葉植物を置いたり、すだれを工夫して立て掛けるなどして、室外機がうまく日陰になるようにしてみましょう。

ただし囲みすぎは風通しを悪くするので気をつけて。

実際、室外機を日陰に置くだけで10%程度効きがよくなるのが実感できると言われていますので、試す価値はおおいにあります。

矢印 前に物を置かない

室外機の場所の周辺には物を置かないようにしましょう。

特に前面は噴出し口ですので、物を置いたり、カバーをかけると、熱がうまく逃げず、空気が循環せず、処理機能が落ちてしまいます。

室外機の周囲は風通しを良くすることが大事です。

(見かけの問題で周囲をカバー等で覆うケースがありますが、使用期間は外してください)

室外機を冷すことで更に効率的な運転になります。

エアコンを使う時にはじょうろで上から水をかけるのも一つの方法です。

室外機は外で使うものですので、水濡れで故障することはありません。

ただし、ホース等で下から吹き上げるようにかけるのは禁止。

雨は下から上に向かって入ることはないので、想定外の方向からの水濡れは思わぬ故障の原因になる可能性があるからです。

室外機の環境を確認することで、少しでもエアコンの運転効率を上げて効きの悪い状態を解消し、電気料金の節約につなげたいものです。

 

エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?

エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?

エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?

梅雨時、じめじめしてるけど、エアコンつけるほど気温が高くない、そんな日に除湿(ドライ)をつけることってよくありますね。

でも実際、冷房に比べて電気代ってどうなんでしょう?

除湿(ドライ)の方が安いのかなって思ってたんですが実際のところを調べてみました。

まず、冷房と除湿の違いについて確認しておきましょう。

冷房とは室温を下げること、除湿とは、室温をなるべく下げずに湿度を下げることになります。

エアコンの除湿は空気中の水分を集めて、室外へ放出することで湿度を下げています。

(湿度は室温に左右されます。室温が高ければ空気中に蓄えられる水分が多くなり湿度も上がります。一方室温が低ければ空気中に蓄えられる水分が少なくなり湿度も下がります)

このような除湿の仕組みは2種類

温度を下げて水分を取り除いた空気の温度を適温に上げてから室内へ戻す方法。

実際、湿度が15%下がると、体感温度が1度下がると言われており、湿度が下がれば自然に寒く感じるわけです。

湿度だけ下げていく弱冷房除湿は寒くなり、最熱除湿はカラッとするけれど快適な温度も保たれます。

気温が高くてじめじめしている日は弱冷房除湿でも快適ですが、気温が低いのにじめじめしている日の場合、最熱除湿の方が健康にはよいでしょう。

どちらの除湿方法がとられるかはエアコンの機種によって異なります。

まずはお使いのエアコンがどちらなのか、取扱い説明書やメーカーのホームページで確認してみましょう。

さて、肝心の電気代ですが、冷房と比較すると安い順に弱冷房除湿、冷房、再熱除湿、となります。

自分のエアコンの除湿タイプが弱冷房ならできるだけ除湿を使うのが節約になりますし、再熱除湿なら基本的には冷房を使う方が節約になるということです。

(ただし、最新式のエアコンでは両方の除湿ができるタイプもあるようですが)

健康を害さない程度に使い分けで電気代を節約したいものです。

計画的に購入時期を選べば、エアコンが格安に!

計画的に購入時期を選べば、エアコンが格安に!

計画的に購入時期を選べば、エアコンが格安に!

エアコンを買うのは数年に1回程度でしょうか。

もっと少ないかもしれませんが、エアコンの買い時ってあるのでしょうか?

当然のことながら、できるだけ新しい機種をお得に買う為には、タイミングが重要です。

時期的な問題や故障等で待ったなしの場合は仕方ないにせよ、時間的に余裕があるなら、是非買い時を選んで上手に購入したいものですよね。

では一体エアコンがお買い得になるのは何月頃なのでしょうか。

ネットで調べてみると、色々な意見がありましたので代表的なものをまとめてみました。

2月

新製品が出始める前のタイミング。

冬用に購入する人は減り、夏用に買う人はまだいない時期。

春には新機種、モデルチェンジが多く発表されます。その前に旧機種を売りさばき、
その上、需要が低い時期の為、大幅な値下げが期待できるとされています。

6月

ボーナス商戦に突入する時期でもあり、取り付け工事もすいていて丁寧なサービスが期待できます。 春に新機種が発売されてから5月いっぱい迄は値下げは殆ど期待できませんが、ボーナス商戦に入ると安くなる傾向があります。

もし最新機種が希望であれば、6月の下旬、月末頃まで待ち、値切ってみると更に安くなる可能性があるといわれています。

8月以降

エアコンを買う人が一気に減ってくる為、取り付け工事も空いてくるので狙い目の時期。

特に9月~10月はエアコン利用時間が激減する為、量販店での売れ行きも鈍化します。

この時期は夏に残った新しい機種、お買い得モデル等がある為、値引きもかなり期待できるでしょう。晩夏~秋迄購入を待てるなら(夏に買い替えなくてもよいのなら)おすすめのタイミングです。

月末

ノルマがある店舗の場合、達成していない店員が更なる値引きに応じてくれるケースがある。

諸説ありますが、分かりやすく考えると
「皆が買わない時期」が安くなるチャンスなのは当然のこと。

あなたがエアコンを使いたい時期は、他の人も欲しい時期。

取り付け工事も大混雑で、予定が合わないとせっかく買ってもすぐには使えません。

「検討します」と言えず、即決せざるを得なければ、値引き交渉は不利になります。

結局、壊れてから買うのではなく、エアコンの寿命を考慮して買い時を計画できれば、
かなり安く買うことができそうです。

お宅のエアコン、次の買い替えでは最安値で買えるよう、今から寿命を考えて計画しておくといいですよ。